2018年5月14日月曜日

Fallout4 | テクスチャーの明るさ調整(首の境界線緩和)

Fallout4でテクスチャーの明るさを編集し、首の境界線を緩和する方法を紹介します。
首の境界線を治すだけでなく、顔や体、装備のテクスチャーも同様に編集できます。



■境界線ができる理由
顔と体のテクスチャーは首の鎖骨辺りに境界線が有り、顔用のテクスチャーと体用のテクスチャーとして別のファイルを読み込んでいます。

通常、顔と体で、同じ作者によるテクスチャーを使えば首に境界線はほとんどでません。テクスチャーが同じ色合いで作られているから境界線が目立たないのです。

しかし、顔と体で別のMODのテクスチャーを適用していると、わずかな色の違いでも境界線が目立つようになります。

例えば、か弱いキュリーの美化MODを使用するために、顔はValkyr Female Face and Body Texturesの顔テクスチャーを適用、美肌&ピンク乳首のために体はSilky Smooth Skinを適用すると、境界線が顕著になります。

色合いの違いによって境界線が生まれているだけなので、色合いを近づけてあげれば境界線は薄れていきます。


では早速、編集方法を紹介します。
※下記作業は自己責任での実施をお願いします


■必要なツール
・GIMP
 ※dds pluginを導入しておく必要があります

■編集の流れ
  1. テクスチャーファイルのバックアップを取る
  2. テクスチャーをGIMPに読み込ませる
  3. 明るさを編集する
  4. Fallout4を起動し、色合いを確認する
  5. 気が済むまで2-4を繰り返す

1. テクスチャーファイルのバックアップを取る
失敗しても戻せるように、編集前のファイルをWindowsのコピー&ペーストで別名保存して退避しておきましょう。


2.テクスチャーをGIMPに読み込ませる
Valkyrの顔テクスチャーを使用している場合、顔用のテクスチャーは以下のファイルです。
 Data\Textures\actors\character\basehumanfemale\basefemalehead_d.dds
※使っているMODによって配置が異なる可能性があります

GIMPを起動させてドラッグ&ドロップするか、GIMPから「開く」でファイル指定して下さい。



開く際にでる下記の表示は全てチェックをいれたままOKをクリック

ファイルが開きます。若干ホラー気味ですが、紳士たるものこれくらいでくじけてはいけません。


3. 明るさを編集する

右上のレイヤー選択で「main surface」を選びます。


画面上部メニューの「色」>「明るさ-コントラスト」をクリック

編集画面がでます。
明るさのスライダーは右で明るく、左で暗くなります。
コントラストは右で濃く、左で薄くなります。

今回は明るさ40、コントラスト20としてOKを押します。

メニューで「ファイル」>「名前をつけてエクスポート」をクリック

保存画面でそのまま「エクスポート」をクリック

上書き確認がでます。バックアップがとってあれば一思いに「置き換える」をクリックします。


DDSの保存設定画面が表示されます。
保存方法はいくつかありますが、ここでは「compression」で「BC3/DXT5」を選び、「Mipmaps」で「Generate mipmaps」を選びます。ほかはデフォルトでOK。

4. Fallout4を起動し、色合いを確認する

編集前

鎖骨あたりに境界線がみえますし、そもそも顔だけ日焼けしたように色が異なります。


編集後

顔と体の色がかなり近づき、境界線がだいぶ見えにくくなりました。


5. 気が済むまで2-4を繰り返す
2-4を繰り返して気が済むまで明るさを近づけていきます。


色自体を編集しなければ解決しないこともありますが、まずは簡単な方法として明るさ調整をお試し下さい。

0 件のコメント: